やまぞえ整体院の院長の山添です

伸びなかった右膝

80代の男性のお客様です。

ほとんどの時間ベッドで過ごされているので、ご自宅にうかがい施術をさせていただいています。

先日おうかがいしたときの事です。

お世話をされている娘さんの話によると、1ヶ月前くらいから薬の影響で体調を崩され、一時は全く食べることが出来なかったのだそうです。

その薬を止めてから3週間位かかって、最近ようやく食欲が出てきたとのこと

食べなかったので体重がかなり落ちたのだとか

言われてみると、少し痩せられています。

そんな状態なので、整体は体全体のバランスを整えることが中心になります。

まぁ、整体はどんな症状でも身体のバランスを整えるだけなんですけどね。

施術開始

お伺いしたときにベッドに座っておられたので、そのまま骨盤と背骨の調整をして、その後仰向けに寝ていただきました。(いつもは寝られているので仰向けのみで施術しています)

仰向けに寝ていただくと、右膝が伸びなくて曲がったままです。

以前、右の太ももを骨折された事があるので、その影響かなと思いましたが、前回まではもっと伸びていたので、もっと伸びるはずだなと全身を調整しながら右膝を徐々に伸ばしていきました。

右膝が左右差が無いくらいまで伸びたのでOKです。

全体のバランスも整ったので施術終了。

終わってから、娘さんが

「そうそう!体調を崩してから右膝が伸びなくなったんですよ」

私「あ〜、曲がってたので伸ばしておきました」

「あ!ほんとだ伸びてる!!」

「リハビリに行ってるところの理学療法士さんが、一生懸命伸ばそうとされていたけど伸びなかったんですよ」

「すご〜い」

あら、そんなに伸びなかったんですね〜

膝が伸びない時は、腹筋を緩めるのが効果的ですよ(^^)

伸びなかった膝が伸びてめでたしめでたしです。