やまぞえ整体院の院長の山添です

頭が疲れた時

日々、整体施術でお客様の頭に触れていて思うのは、疲れている方の頭って硬いな〜ってことです。

頭が硬いのは当たり前じゃないの?って思われるかもしれませんね

もちろんそうなのですが、硬さにも色々あって、身体の状態が良い方の頭は、触ったときに硬さの中に柔軟性があるというか、優しい感じがします。

逆に疲れた方の頭は、カッチカチで柔軟性がなく冷たい感じになっています。

もっと分かりやすく言い換えると、良い状態の頭は木の感じで、疲れた頭は鋼鉄のような感じといえばわかるでしょうか。

そんなカッチカチの鋼鉄の頭に触れると、もう一つ気がつくことがあります。

それは、脳が下がっている感じがするってこと

脳が下がっている??

まぁ、これはあくまでもイメージなので、CTで撮ろうがMRIで脳の状態を見ようが、写らないと思いますが、頭に触れた感覚として「脳が下がっている」と感じるんです。

中には、脳が下がっているどころか、身体の下に向かって吸い込まれていくような感じを受けることすらあります。

脳は、頭蓋骨の中にボテッと置いてあるものではなくて、脳脊髄液という液体の中に浮かんでいます。

脳は、お豆腐のように柔らかいものですから、頭蓋骨の中に直置きすると崩れるので液体の中で浮いているわけです。

だから疲れている方の脳は、下がっているという表現より沈んでいるといったほうが良いかもしれませんね。

で、

この下がっている脳を持ち上げると、頭がスッキリして頭蓋骨にも柔軟性がでてくるんですよ!

自分で脳を持ち上げる方法

脳を持ち上げる整体なんて、他に聞いたことがないので、やまぞえ整体院のオリジナルかと思うのですが、京都までは遠くて行けないという方のために自分で脳を持ち上げる方法をお教えしましょう(^^)

  1. 頭の左右(耳の上辺り)に両手のひらを当てます。(当てると言っても地肌には触れず髪の毛に触れるくらいが良いです)
  2. 頭に当てた手のひらで脳を持ち上げるイメージを5〜10秒してください
  3. 頭から手のひらを離して1〜3分ゆっくりして終わり

ポイントは、頭の地肌には触れないことです。

髪の毛のある方は、髪の毛に触れるくらいで、私のように髪の毛の無い(少ない)方は、3〜5mm手のひらを浮かす感じで行うと良いですよ。

脳が持ち上がって、頭がスッキリすると同時に脳の中の海馬の働きも良くなるので記憶力もアップするかもしれません(^^)

 

目が疲れた時は、おでこと後頭部に手のひらを当てて行うと目が開いてきます。

また、前頭葉が活性化するので、思考力アップ・やる気アップ・気持ちの落ち込みの解消にも効果的です。

疲れた時は、脳を持ち上げて、頭をスッキリさせましょう(^^)

 

※効果には個人差があり、効果を保証するものではありませんm(_ _)m