やまぞえ整体院代表 山添嘉之です

以前から不定期で来院される50代の女性クライアント様から「80代のお父さんが、脚が痛くて歩きにくそうなので一度見て欲しい」との依頼があり施術

検査で身体に触れると、全身の筋肉がカチカチ

各関節も硬くて動きが悪い

特に大腿の外側にある「大腿筋膜張筋」「腸脛靱帯」は、ピーンと張って鉄板状態です。歩き方も真っ直ぐ歩けないので支えが必要。大腿の筋肉

こんな状態なので、ご本人は寝ている時も無意識に太腿の外側を擦っているのだとか

 

この場合、1回の施術は短い時間で済ませて、週1~2回繰り返し来て頂くのが効果的だと説明。当サロンのショートコースで様子を見ることにしました。

施術としては、硬くなった脚を揉み解すのではなく、腕や頭蓋骨の調整がメイン。腕や頭蓋骨が整えば脚も脚のねじれも改善し緩んできますからね。

施術後、立っていただくと施術前よりかなり真っ直ぐ立てています。歩き方も安定してきました(^^)

一回目はこれにて終了

施術後の様子から「このまま快復に向かうだろう」と思っていたのですが・・・翌日娘さんから電話があり「また脚を痛がっているので見てもらえませんか」

私「えっ!?」

施術後の検査ではそんなに悪くはならないと思っていたのに、どこか重要な所の歪みを残したままだったのか・・・・自問自答・・

 

来院されてお話を伺うと、昨日の施術が終わって帰宅後、あまりにも脚の調子が良いので草取りをして痛みが出たのだとか

なるほど、納得しました。施術後は調子良くても無理な動きは禁物です。

すぐに検査と施術を行い調整。

その後も、帰宅後運動して脚が痛くなり来院施術

そんな感じを繰り返し、4回目に来院されたときには、かなり良い状態で安定していました。

その帰り際、娘さんから「助けていただいてありがとうございました」と言葉をかけていただいたのですが、その言葉を聞いてハッと気付いたことが

それは、

「助けていただいたのは私の方じゃないのか!!」と言う事

今まで、当たり前のように施術料金をいただいていましたが、クライアント様から施術料金を頂く事で私の生活が成り立ち、尚且つ東京や京都に行き勉強も出来るのだから、むしろ「助けていただいているのは私の方」です

大切な事に気付かせていただいてありがとうございました。

この気付きを忘れないよう多くの方に喜んでいただけるよう顔晴ります(^^)