やまぞえ整体院の山添です。

先日来られたお客様です。

症状をおうかがいすると「車の乗り降りとかで身体をひねると腰が痛むんです」とのことでした。

骨盤のゆがみだと思って骨盤を調整したのですが、思ったほど改善しませんでした(泣)

でも、よくよく調べてみると、ある重要な部分のゆがみを見逃していました!

そこを整えると、「あれ?痛くない!」となりました(^^)

今回は、そのあたりのことを解説します。

身体をひねると腰が痛いのは?

身体をひねると腰がいたいのは、骨盤の回旋が原因です。

回旋とは、簡単に言うと骨盤が左右どちらかに回って傾いている状態です。

それに、前傾や内旋外旋・上下が加わって症状を引き起こしています。

なので、施術では骨盤の前傾後傾・回旋・内旋外旋・上下を整えれば治るだろう

「楽勝!楽勝!」なんて思っていました。

ところが!!

神様はよく見ていて、楽勝楽勝なんて傲慢な気持ちでいる輩には厳しい試練を与えます。

骨盤を整えても全然、全く少しも痛みが改善しないのです(泣)

なんで?と思い首かな?あたまかな?顔かな?あごかな?腕かな?足かな?と次々に関係のあるところを整えていきます。

しかし、全然痛みは改善しません・・・

改善しないどころか、身体のゆがみが元のゆがんだ状態に戻っていくではありませんか!!

なんでー!!

どこか重要な部分を見落としているはずと、初めの検査からやり直し、調整も初めからやり直して、ようやく少し改善しました。

座った状態で身体をひねるのはかなり痛みが取れましたが、立って身体をひねると痛いままです。

なんで立ってひねると痛いんだろうと、身体をひねる動きを観察していると、ある重要なことを見逃していたことを発見しました。

それは太ももの筋肉です。

身体をひねった時に、太腿の筋肉が動いておらず、逆に身体を引っ張っていたんです!

なぜ太ももの筋肉が動いていなかったのかというと、

太ももの筋肉が外側にねじれすぎていたからです

なるほど!と思い太ももの筋肉を調整したら、お客様もびっくりされるくらい痛みが改善しました(^^)

身体のゆがみって骨だけじゃないんですよね

筋肉のゆがみを整えることも大事なんです。

骨のゆがみと筋肉のゆがみの両方を整えることで身体はスムーズに動きます(^^)

症状だけをみて楽勝なんて思うと思わぬ失敗をしますね

肝に銘じますm(_ _)m