やまぞえ整体院の山添です

骨盤はゆがみます

骨盤のゆがみシリーズ2回めです

前回のブログは、頭蓋骨矯正専門だった私が、骨盤のゆがみの重要性に気づいたことを書きました。

骨盤のゆがみが身体を整える上で重要な鍵を握っているのではないかと思い、そのゆがみを調べてみました。

とはいえ、今まで「骨盤矯正なんて子供だましだ」くらいにしか思ってなくて詳しい検査方法を勉強してこなかったので、骨盤のゆがみの見方がわかりません^^;

私の勉強した癒道整体では、骨盤の中の「仙骨」と「尾骨」に関して、すごく細かい見方をしていたので、その部分は問題ありませんが、問題なのは一般的に骨盤と呼ばれる「腸骨」のゆがみをどう見るか?です。

ここで、ちょっと骨盤について書いておきます。(知ってる方は飛ばしてください)

骨盤を構成する骨

骨盤は、左右に「寛骨」と、中央にある「仙骨・尾骨」で構成されています。

左右の寛骨は、「腸骨」「坐骨」「恥骨」が結合して一つの骨になったものです。

中央の仙骨は、「仙椎」と呼ばれる5つの骨が結合して一つになりました。

尾骨は、「尾椎」と呼ばれる骨が3〜6個結合して一つの骨になりました。

一般的には、これらすべてを含めて「骨盤」とか「骨盤帯」と呼ばれています。

ここでは、わかりやすいように「骨盤」と呼びます。

これらの骨がどのように歪むのか?また、そのゆがみが身体にどんな影響を与えているのか?

癒道整体の頭蓋骨の検査方法で鍛えた手の感覚を駆使して、試行錯誤しながら骨盤の細かなゆがみ方と、身体への影響を明確にしました。

「骨盤はゆがむ」このことを多くの方に知っていただき、痛みや身体の不調の原因を知っていただければと思います。

骨盤の前傾後傾

骨盤のゆがみの中で、一番ポピュラーなのが、前傾と後傾ではないでしょうか

骨盤の「前傾」とは、文字通り骨盤が前に傾くことです。

骨盤の「後傾」とは、文字通り骨盤が後ろに傾くことです。

「猫背は、骨盤が後傾している」とか「猫背は骨盤前傾型と後傾型がある」なんて書いてある本があり、私も初めはそうなのかなと思っていましたが、実際の施術で調べれば調べるほど、それはどちらも誤りだとわかりました。

実際に猫背は、すべて骨盤前傾で起こります!

そして、身体の不調は骨盤が前傾している側に起きやすいこともわかりました!

骨盤前傾と身体の関係

骨盤の前傾は、骨盤だけの問題ではありません。身体の他の骨にも多大な影響を与えています。

大きなところだけになりますが、解説します。

  • 骨盤が前傾するとそのすぐ上にある腰椎は前に押されます
  • その上の胸椎は後ろに引っ張られます。
  • 肩甲骨は上方に変位します。
  • 肋骨は前に傾きます。
  • 鎖骨は、下に下ります。
  • 頚椎は前に傾きます。
  • 頭蓋骨は後頭骨・側頭骨が後傾します。
  • おでこが下がります。
  • 頬は下がります。
  • 顎関節はつまります。
  • 両肩が前に行き巻き肩になります。
  • 肘や手首は内旋します。
  • 各関節は伸びにくくなります。
  • 股関節は屈曲しにくくなります。
  • アキレス腱は硬くなり足は底屈になります。

ざっと上げただけですが、骨盤が前傾すると身体はこんな動きをします。

細かいものを入れると全身の骨を書かなくてはいけなくなるので割愛します。

ちなみに後傾の場合はその逆の動きをします。

問題は、これが左右均等に前傾後傾しないということです。

骨盤の前傾と身体の不調

骨盤の前傾後傾は、左右同じようになるわけではないです。

右が前傾で左が後傾と言ったように左右で違います。

その左右で違うのが身体の不調の原因なんですよ!

そもそもなぜ骨盤が前傾後傾するのかというと、身体の使い方が影響しています。

身体の使い方に合わせて骨盤が前傾したり後傾したりすることで、身体全体がまっすぐになるようにバランスを保っているんです。

なので、骨盤の前傾後傾=悪ではありません。むしろ正義なんです。(正義という言い方があってるかどうかはおいといて・・)

それが、前傾または、後傾で固まってしまうことで悪になるわけです。

では、具体的に骨盤の前傾・後傾にともなう身体の症状を書いていきます。

大まかに書くと、骨盤が前傾している側にいろいろな症状が出ます。

例えば、右の骨盤が前傾しているとすると、

  • 右の腰が痛い
  • 右肩がこる
  • 右膝が痛い
  • 右足首が痛い
  • 右足底筋が痛い
  • 右首が痛い
  • 右肘が痛い
  • 右手首が痛い
  • 右の頭が痛い
  • 五十肩は反対側に出ます
  • などなど

とりあえず右半身にでる症状のほとんどが、右の骨盤前傾の影響を受けて発症しています。

信じられない人は、姿見の前に立って骨盤の前にある出っ張った骨(上前腸骨棘)の位置を確認してください。上前腸骨棘はズボンのベルトの下にあります。

身体の右か左に上記のような症状があるかたは、症状がある側の上前腸骨棘の位置が下にありますよ。

だから、整体施術では、この骨盤の前傾を調整して左右差をなくすことが施術の目標となります。

 

でもね。

実際は、前傾後傾という単純なゆがみだけじゃないんですよね。

次回へつづきます。