やまぞえ整体院の山添です

前回までのブログでは骨盤のゆがみ方について解説しました

今回からは、骨盤のゆがみと痛みなどの症状との関係について解説します。

今回は、膝の内側が痛いときです。

膝の内側が痛い

膝が痛いと一口に言っても、痛みの出る場所によって微妙に原因が違います。

膝の下が痛い・膝の上が痛い・内側が痛い・外側が痛い・膝裏が痛いなどなど、痛みの出る場所によって原因は違うし、階段をのぼるときに痛いとか降りるときに痛いとか歩いてるときに痛いとか、何もしなくても痛い、などによっても原因は異なります。

その中でポピュラーなのが、膝の内側が痛いです。痛むのは、膝の少し上の内側が痛むことが多いですね。

なぜその辺りがゆがむのかというと、骨盤の前傾の影響で太ももの骨の股関節部分が外側へゆがみ膝の上の部分が内側へゆがむからです

骨盤の前傾だけなら痛みは出ないことが多いんですが、それに骨盤の内旋外旋というゆがみが加わることで、膝関節にゆがみがでて痛みになります。

膝の関節と骨盤の関係

膝の関節は、骨盤でいうと上前腸骨棘の位置に当たります。

上前腸骨棘って何??って感じですよね

ズボンの前側のベルトのちょうど下の骨が当たるところです↓

ここが膝の関節と関わっているのですが、この部分がどうなっているか?

こんな感じに上下で内旋外旋が逆方向にゆがみます。

それがそのまま(または逆に)膝の関節のゆがみになります。

また、このゆがみは、あごのゆがみとも関係してくるので、当院の整体施術ではあごのゆがみも整えることになります。

骨盤・あご・股関節・膝の関節

これらがバランス良くなることで、膝の痛みがなくなります。

症例

先日来られたお客様は、「階段を降りるときに両脚の膝の内側が痛む」とのことでしたので、骨盤の前傾を調整し、骨盤の内旋外旋を調整しながらあごの調整をする施術をしたところ、施術後は膝の痛みはなくなりました(^^)

膝の内側が痛い時は、骨盤の前傾と内旋外旋を整えると良いです。

次回は腰痛と骨盤のゆがみについて解説します。