やまぞえ整体院の山添です。

くつ下の穴

和食の店に行ったとき、靴を脱いで座敷に上がり、気がついたらくつ下に穴があいてて恥ずかしかった^^;なんて経験は多くの方がしてると思います。

私もあります(*ノェノ)キャー

くつ下の穴っていつも同じところにあきますよね

足の親指の付け根・足の小指の付け根・足の中指の付け根といった指の付け根の方もあれば、いつもかかとに穴が開く方もあるでしょう。

原因は、穴のあくところに体重がかかってるからなのですが、なぜそこばかりに体重がかかるのでしょう?

足の一点に体重がかかる原因

足の特定の場所に体重がかかる原因は、骨盤のゆがみにあります。

骨盤が前傾すると体重は指先の方にかかるし、骨盤が後傾するとかかとの方に体重がかかります。

骨盤が内旋すると親指側に体重がかかり、骨盤が外旋すると小指側に体重がかかります。

つまり、足の親指の付け根に穴があく方は、骨盤が前傾して内旋しているということになりますね。

骨盤が良い状態だと、足の土踏まずのあたりに体重がかかるので、足裏全体に体重が分散されくつ下の穴があきにくくなります。

くつ下の穴があく位置でも、その方のゆがみがわかります。

あなたのくつ下の穴はどこにあきますか?

あ!

足にできるタコや魚の目も同じ原因ですよ(^^)