やまぞえ整体院の山添です

身体のゆがみ

身体のどこかに、痛みなどの不調を感じるときは、身体にゆがみが出ています!

そのゆがみを知る・分かる・整えられることで、整体施術の質が向上して、お客様に喜んでいただける人気整体院になることができます。

逆に身体のゆがみを知らないと、痛いところを揉むなどの対処しかできないので、「あそこの整体では治らない」と評価されて、お客様の足も遠のく残念な整体院になります(泣)

残念な整体院にならないためにも、しっかりと身体のゆがみがわかって整えられる整体師を目指しましょう!

そこで、私がYSK(やまぞえ整体講習会)で教えている基本的な身体の見方をブログで公開します!

まず、第一弾は、身体の見方の基本です!

身体のゆがみが全て悪いわけではないですが、日常の身体の使い方のクセで偏ったゆがみに固定されると身体に不調を感じることになります。

  • ひどい肩こり
  • 首痛や首コリ
  • 頭痛
  • 腰痛
  • 膝痛などなど

多くの方が、これらの症状に悩まされつらい日々を送られています。

どこへ行っても治らない、「年齢的にもこんなものか」とあきらめておられる方がほとんどではないでしょうか。

これらは、身体のゆがみが原因で起きていることがほとんどです。

でも、その原因となっているゆがみを誰も教えてくれないんですよね。

 

ゆがみの基本

身体は、身体の動きに合わせてゆがみます。

ゆがむことで、真っすぐ立って真っ直ぐ歩けるし、関節の動きもスムーズになります。だから、上にも書いたようにゆがみ=悪ではありません。

ただ、日常の身体の使い方やクセが強いと、ゆがんだ状態で固定されてゆがみ=悪になります。

その代表的な例がこちら↓

骨盤が前傾(前に傾く)すると→肩甲骨が上に上がり→側頭骨は後傾(後ろに傾く)します。

横から見るとこんな感じです。↓

これを、私は「基本のゆがみ」または「ゆがみの方程式」と呼んでいます。

身体は、一部分だけで動いているわけではないので、一箇所がゆがむと全身がバランスを取るためにゆがみます。

身体のゆがみで最初に確認するのにわかりやすいのが、上記の画像になります。

そのゆがみ方には、規則性があるので、それを知っていると身体の一部を見ただけで全身のゆがみが分かります。

ゆがみと身体の不調の関係

では、この基本のゆがみがおよぼす影響を簡単に書くと、

骨盤が前傾している側に症状が出る!

です。

よく、お客様から、「右半身が辛い」「「左半身が辛い」「右の肩と右の腰が痛い」など不調が身体の同じ側ばかりに集中していると言われることが多いです。

その原因が

骨盤が前傾している側に症状が出る!

です。(大事なところなので2回書きました(^^))

こういうことです↓

 

なので、お客様が「右の腰が痛い」「右の肘が痛い」「右の肩がこる」って言われたら、右の骨盤が前傾しているからだと説明できるわけです。

実際に骨盤を整える等して、ゆがみを調整する。

整える方法は、何でも良い

施術して、これらのゆがみが整っていればOKです。

身体が良いバランスに戻れば、自然と症状もなくなってきます(^^)

身体のゆがみを知ることが整体の第一歩ですよ!

やまぞえ整体院では、軽くて優しい刺激で身体を整えるので、痛い整体や強く押す整体が苦手な方は、安心して受けていただけます(^^)