やまぞえ整体院の院長の山添嘉之です

頭と親指の関係

頭がゆがむとはどういうことかというと

手で頭を触った時に、出っ張ったたり、引っ込んでたり凸凹してて丸くない感じです。

とはいえ、人間は元々綺麗な左右対称にはできていませんから多少のいびつ感はありますのでいびつになっているからといって気にする必要はありません

人間だもの

ただ、それによって身体に不具合が出ていたら話は変わります。

なるべる丸くなるように整えないといけません

頭のゆがみが身体に与える影響

としては

  • 頭痛
  • めまい
  • 目の症状
  • 耳の症状
  • 鼻の症状
  • 顎関節症
  • 首痛・首コリ
  • 肩痛・肩こり
  • 肘痛
  • ヘバーデン結節など手の指の症状
  • 腰痛
  • 膝痛
  • 足底痛
  • 外反母趾等足の指の症状
  • などなど

頭のゆがみは身体中に影響しています

頭痛やめまいは、わかるけど膝痛や外反母趾にも関係があるとは思いもよりませんよね〜

そうなんです。

思いもよらない原因があるからこそ、膝痛とか外反母趾はなかなか改善しないんですよ。

頭はなぜゆがむのか?

頭はいろいろな原因によってゆがみます。

例えば、食事のときに片方の歯ばかりつかう噛みグセであったり、同じ方ばかり向いて寝るなどの寝方も関係ありますし、腕の使い方でも頭はゆがみます。

そうそう

ストレスは、かなり頭をゆがませますね!

数ある頭をゆがませる原因のなかで、大きく影響するのが手の親指のねじれです。

親指?!って感じですが、これが結構影響しているんです。

親指と後頭骨の関係

手の親指は主に頭蓋骨の中の後頭骨という骨と関係が深いんです

絵で書くとこんな感じ↓

  • 親指の先(末節骨)が後頭骨の上部
  • 親指の付け根(基節骨)が後頭骨の中部
  • 親指の下の骨(中手骨)が後頭骨の下部

と関係しています。

右手の親指なら右の後頭骨

左手の親指なら左の後頭骨と関係しています。

(親指と頭の関係は他にも見方がありますが、代表的な関係です)

なので、親指を真っ直ぐにすると頭も丸く整ってくるんです。

症例

先日、肘痛で来られた男性クライアント

うつ伏せで、後頭部に触れると左側がかなり出っ張ってて、逆に右側がすごく凹んだ形になっていました。

左右の親指を見てみると、左右で全く逆方向にねじれています。

あ〜、これが原因かと思い、左右の親指を真っ直ぐになる方向へ調整したら、それに伴い頭も丸くなってきました(^^)

親指と頭が関係していることを再認識しましたね。

 

なかなか改善しない症状は、頭の歪みがが関係していますよ。

その原因は親指のねじれかもしれませんね(^^)

 

YSK(やまぞえ整体講習会)

YSK(やまぞえ整体講習会)では

  • 反射療法を使った頚椎調整
  • 触れるだけの骨盤矯正
  • 軽い刺激の頭蓋骨矯正
  • 軽い刺激の下顎骨矯正

を行っています。

7月のテーマは、

  • ラムダ縫合からの頭蓋骨調整・骨盤矯正
  • 腰痛・膝痛に効果のある股関節矯正方法
  • 肩の痛み・腕のしびれに効果のある肩関節矯正方法

の3本です。

YSK(やまぞえ整体講習会)参加者募集中です

  • 初級コースを毎月第2日曜日(次回は8月11日(日))
  • 中級コースを毎月第3水曜日と第4日曜日(7月28日(日)8月21日(水)8月25日(日))
  • 関東YSK(やまぞえ整体講習会)を毎月第2水曜日に行っています。(次回は8月14日(水))

 

自分の身体が疲れない・患者さんの身体にも負担をかけない整体療法をお探しの方

ぜひ、一度参加してみてください(^^)