やまぞえ整体院代表の山添嘉之です。

写真はイメージです

写真はイメージです

踵(かかと)が痛い

なんとなく踵に違和感がある〜激痛まで
踵(かかと)が痛いと言われるクライアントは結構多いですね

踵の激痛以外のクライアントは、メインの症状は腰痛や肩・首痛等他の部分である場合がほとんどですが、施術途中で「そう言えばこの前から踵(かかと)が痛いんですよ」って言われます。

痛みや違和感が出てる部分は、後部・前部・内側・外側・足底と様々で
痛みの出る位置によって「踵骨後部滑液包炎」とか「アキレス腱炎」「足底筋膜炎」「踵骨骨折」等の病名?で呼ばれています

踵(かかと)の症状については、NAVERーまとめに出てたので参考にしてください

癒道整体ではよほど重要な場合を除き症状の名前は考慮しません
「そうなんですね」って聞くだけです

病名や症状名は、症状を分類するためのものでしか無くて、実際の調整には必要ありませんから

重要なのは、現在の身体の状態を施術者が読み取れるか
それが出来ないと調整のしようがありませんからね

で、踵(かかと)の痛みですが、踵(かかと)に痛みがある方は踵骨(かかとの骨)がゆがんでいます

踵がゆがんでいる?

癒道整体には、身体の骨や筋肉に関して独自の分析方法が有ります
特に頭がい骨・顔面骨・アゴに関しては秀でたものがあるのですが、それらに匹敵するほど踵骨(かかとの骨)の分析は研究が進んでいます

ネット上に「最強の整体師になるには」というサイトが有り、その中にある癒道整体の紹介記事にこんな一節があります

この癒道整体を勉強した後に、他の整体術を見ると、ものすごく他の整体術が雑というか、荒っぽい感じがするようになると思います。

私自身、癒道整体を勉強するようになってからは他の整体の事情が分からないんですが、いろいろな整体術を勉強された筆者が書かれるのですからそうなんでしょうね

その分会得するのが難しくは有りますけど・・・

さて、踵のゆがみですが
踵骨(かかとの骨)の上が歪んでたり、真ん中が歪んでたり、下が歪んでたり、前が歪んでたり、内側に歪んでたり、外側に歪んでたりと様々で、それらが複合しているからややこしい

踵のゆがみ方の一例

踵のゆがみ方の一例

 

以前来られたクライアントの写真がありましたので紹介します
踵の中心にそってシールを貼ったのですが、左は斜めで右は逆くの字です

こうなると、着地が安定しないので、踵に無理な圧力がかかり炎症を起こして痛くなります

施術で肝心なのはこうなってしまった原因は何かを見つけること

踵(かかと)をゆがませる原因それは何処にあるのか?

踵(かかと)を歪ませる原因

ちゃっちゃと結論を書きます
実は、腕のねじれです!!

腕のねじれ方によって踵のゆがみ方も変わり、痛みの出る場所も変わってきます

だから、踵(かかと)の痛みは腕を調整するのがもっとも近道ってことです(^^)

 

踵(かかと)が痛くなる理由は踵骨(かかとの骨)のゆがみ
踵骨(かかとの骨)を歪ませる原因は腕のねじれにあります!

 

最近、アドラー心理学系の本を読んでます
この本は以前から知ってたけどアドラー心理学系だとは知らなかった

人生の見方が変わる1冊です