やまぞえ整体院代表 山添嘉之です

先日来院された男性クライアント様

「10日程前から肩が痛くて、昨日重いものを持ったら右肩が上がらなくなった」とのことです

早速、右肩の可動域を調べてみてビックリ!ほとんど可動域がありません(汗)

こういった症状の場合、原因は手首・肘・肩関節の「ねじれ」なのですが、それらを調整するだけでは効果が出るまでに時間がかかります。

なぜなら、肩関節にロックをかけている場所が他にあるからです。

逆に言うと、その部分を調整すれば、すぐに効果が出るわけです

肩痛における頭蓋骨変位

どこが肩関節をロックしているのか、検査するとすぐに見つかりました。

それは後頭骨中部です

後頭骨中部に回旋が入り(画像参照)肩関節にロックをかけていたため肩の可動域が悪くなったと考えられます

うつ伏せで後頭骨を調整してから再び座ってもらうと、肩関節の可動域が広がり肩が上がるようになっていました。

ここまで10分程度です(施術は5分程度)

このクライアント様は、体力があり回復力も強かったので早く効果が出ましたが、こういった関連を知っておくと、早く効果が出るのは間違いありません

身体って不思議がいっぱいですね