やまぞえ整体院代表の山添嘉之です。

座ると尾てい骨が痛い

他の症状で来られていろいろ伺っていると「座るとお尻の尾てい骨が痛いです」と言われる方がたまにあります
尾てい骨が痛いと「体育座りできない」「腹筋をすると痛いので出来ない」「長時間イスに座っていられない」なんて事になります
もしかすると、経験されたことがある方が多いかも知れませんね

尾てい骨とは

尾てい骨とは、「尾骨」と呼ばれる骨のことを指します
その字が示す通り「尾っぽ」の骨ですねIMG_1540

プロレスの技で「尾てい骨割」ってのもありますね(アトミックドロップともいう)

尾てい骨割

尾てい骨割

では、「座ると尾てい骨が痛い」時って言うのは尾てい骨がどうなっているか?

普通に考えると尾てい骨が痛いってことは、尾てい骨が飛び出てて当たるから痛いんじゃない?って事が考えられますよね
でも実は、まったく逆で
尾てい骨は出ているどころか奥に入り込んでいることが多いんですよ

奥に入ってたら当たらないから痛くならないはずなんですが座ると痛みが出る

なぜか?

実は尾てい骨は奥に入ってるんですが、その反動で上にある仙骨の一部が飛び出ているんです
その仙骨の一部が、座ると床や座面に当たって痛みが出る
つまり、正確には「尾てい骨が痛い」んじゃなくて「仙骨が痛い」が正しい

もちろん、尾骨が出っ張って痛い場合もありますよ

まぁ、ご本人にとっては仙骨だろうが尾骨だろうが痛いものは痛いんで治してあげないといけません

 

先日来られたクライアント様
他の症状でこられたのですが、座ると尾てい骨が痛む症状もありました
上記のように尾骨が奥に入り仙骨の一部が飛び出ていました

こんな場合は、手の親指が曲がってるので、親指をまっすぐに伸ばしてあげると奥に入った尾骨が出てきて出っ張ってた仙骨は引っ込みますよ

施術後座っていただくと
「痛くないです」

めでたしめでたし( ̄ー ̄)bグッ!