やまぞえ整体院代表の山添嘉之です。

先日はじめて来られた40代の男性クライアント様

見るからに腰が痛そうな歩き方で、立ち姿も左へ傾いています。

お話を伺うと、一ヶ月くらい前まら腰の重さとダルさがあり徐々に痛くなり、1週間前にぎっくり腰で立てなくなったのだとか。
病院でレントゲンを撮ったが骨には異常なし、「筋肉の炎症でしょう」と湿布と痛み止めをもらったが回復せず、整体に行ったほうが良いかと思いgoogle検索で当サロンをみつけて来院していただいたようです。

 

ありがたいことに、google検索では「与謝野町 整体」「丹後 整体」「京都府北部 整体」どれでも1位に当サロンのHPが出てきます(サイトSEOチェック チェキ調べ)

まぁ、近くでホームページを持ってる整体院が少ないからですけどね

 

さて、クライアント様の検査をしてみると、右肩の可動域が左と比べて極端に悪い
「右肩がぎっくり腰の原因ですよ」と言うとクライアント様は「???」って感じ^^;

まぁ、百聞は一見にしかず
施術で証明するしか無いですね

頭がい骨と腕のねじれを調整して立っていただき
「腰の痛みはどうですか?」と聞くとクライアント様は「・・・・」

ん?効いて無いのかな?
お顔の表情を見るとキョトンとした感じ

まさに、「鳩が豆鉄砲を食ったような顔」
「痛くないです!なんで!?」

あれほど痛かった腰が、10分程度の施術で痛みがなくなったと言うのが理解できないようです

そりゃそうですね
腰が痛くて来たのに「右肩が悪い」って言われて
頭と腕調整して立ったら歩くのも辛かった腰痛が治ってたって
すぐには受け入れれないですね

でも、これが腰痛の真実

腰痛は腰が悪いんではありませんよ

でも、このクライアント様の場合は、ぎっくり腰でも回復期に入ってたのですぐに効果が出ましたが、急性期だと少し快復に日数がかかります。
その辺りの判断も重要です

 

身体って不思議がいっぱいですね(^^)

 

[amazonjs asin=”4925181777″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”癒道整体”]