やまぞえ整体院の院長の山添嘉之です。

ご質問シリーズ第3弾です

先日、YSK(やまぞえ整体講習会)い参加いただいている先生からこんな質問をいただきました。↓

マスク紐によって、ひっぱられて、
クビが前に引っ張られやすくなるってあります?

この問に対する答えがこちら↓

マスクの紐で首が前に引っ張られることは多少あります
それに伴って首が前にズレることも考えられます

ちなみに耳が痛くなるのは左右差が大きくなった時ですね

マスクの紐(ゴム)によって、わずかですが頚椎(首の骨)は前に引っ張られています。

こう書くと、直接頚椎が引っ張られていると思われるかもしれませんね。

正確に書くと、マスクの紐によって耳(側頭骨)が前に引っ張られ、それに頚椎がついて行き、結果的に頚椎が前にズレます。

頚椎が前にズレると、首コリ・首痛・肩こり・頭痛などになるだけでなく、ふわふわ系のめまいの原因にもなるので要注意ですよ!

頚椎が前にズレたときの調整方法

頚椎が前にズレた時の超簡単な調整方法をご紹介します。

それは、手の親指の指腹側をつまむだけ(^^)

って書いても???だと思いますので写真を載せておきます↓

力加減は、10g!

つまむ時間は2秒程度

その後、3分くらいゆっくりしてください

これを2〜3回繰り返すと良いですよ

これほど簡単で効果的な施術はないって言うくらい簡単です!

ふわふわ系のめまいがある方もお試しください(^^)

ちなみに、マスクをつけてると耳が痛くなるのは、側頭骨のズレに左右差が出るからです。

そんな時も親指をつまむと効果的です(^^)