やまぞえ整体院代表の山添嘉之です。

最近、背中の痛みを訴えられるクライアント様が多いですね。

写真はイメージです

写真はイメージです

特に肩甲骨の内側で下の方で、触ると硬くなってる
マッサージに行って強く揉んでもらうと「痛気持ちいい」って感じでしょう

でも、揉んでもらっても根本的な解決にはならないのが現状ですね
だから、マッサージから帰るとすぐに痛くなる

それはなぜか?

それは、背中の痛みの原因が背中には無いからです

なんだかよくわからない説明ですかね

背中の痛みは、他の部位のゆがみに原因があるので、そちらのゆがみを治さないと背中の痛みは取れませんよ
と言うことです

では、背中の痛みの原因となっている他の部位のゆがみとはどこのことか?

これは、一か所では無いのですが、一番影響が強い所を言うと
「腕」です

腕は、内側に捻って使うことが多いので、内ねじれで固まるようになる
それが、腕だけの不都合で終わらず頭がい骨を経由して背中に負担をかけるようになるわけです。
また、左右で腕の使い方や使う頻度が違うため、身体の右半分と左半分で影響の出方が違ってくるのも背中の痛みの原因になります。

なので、背中痛を治すには腕を整える事が大事です。
一口に腕を整えると言っても腕には上腕骨・尺骨・橈骨があり、さらに手の骨や筋肉も絡んでいるのでこれら全てを調整する必要があるから簡単にはいかない

でも、癒道整体を使うと簡単に整ってきます
例えば、足のかかとをさするだけでも腕が整って来ますよ

背中痛は、腕のねじれが原因です。
だから、背中を揉んでも治らないんですよ(^^)

身体って不思議がいっぱいですね

[amazonjs asin=”4774513431″ locale=”JP” title=”驚異の「顔面骨」テクニック ―癒道整体のすべて”]