頬骨が開く

やまぞえ整体院代表の山添嘉之です

本日は、超簡単に小顔になる方法をこっそり伝授します。

 

デートや人に会う前にしておくと印象がアップするかもしれませんよ(^^)

(あくまで、かもですよ)

そもそも、顔が大きく見える原因はどこにあるのかと言うと

それは「頬」

顔の骨で言うと「頬骨(きょうこつ)」に当たります

この頬骨が外側に開くことで、お顔全体が大きくなった印象を与えているのです

小顔になる方法としては、この頬骨を内側へ締めればいいことになります。

 

巷に溢れている、最近流行りの小顔矯正は、この頬骨をグイグイ押し込んで締める方法を使っています。

しかし、これはすごく危険な行為なんですよ

頬骨はお顔の中心にあるのですが、その影響は身体の重要な所へ大きな影響力を持っています

例えば、眼球・心臓・アゴ・首の骨・背骨・骨盤・ひざ・ひじ・手首・足首・・・

とまぁ、ほぼ全身と言って良い

その影響力の強い頬骨を強い圧で締め付けると、上記の場所にも過大な圧がかかり、後から身体のあちこちに不調が起きることにもなり兼ねません

特に多いのが、「頭痛」「吐き気」

これは、頬に圧を掛ける事によって頭蓋骨に歪みが生じて起きるものです。

私自身、頭蓋骨の矯正を7年間勉強し続けて「頭蓋骨の整体」を行っていますが、今でも頬骨を含む頭蓋骨の直接的な調整は慎重に慎重を重ねて行っているくらいですから

超簡単な小顔矯正方法

そんな危険を犯さなくても、簡単にしかも安全に頬骨を締める方法があります

それは、手首の骨を指先で軽くこするだけ

簡単過ぎて私も信じられないくらいです(^^)

手首に舟状骨という骨がある(画像の黄色くなった骨)のですが、この舟状骨が内側にねじれてくると頬骨が外側に開いてきます

物をつかんだり、握ったり、ペンを持って長時間書き物をしたりすると舟状骨が内側にねじれてきます

なので、この舟状骨を外側へ軽く2~3回こすると、舟状骨は外へ開き、逆に頬骨が締まり小顔になるということです。

 

こんな簡単な方法でも効果を高めるコツがあります手首の骨

それは、出来るだけ力を抜くこと

ついつい力で開けようとしてしまうのですが、力を入れれば入れるほど抵抗が強くなって逆効果になります。

触れるか触れないかくらいの圧が一番効果が出て、頬がしまってきますよ。

あとは、やり過ぎないことですね。

バランス良くやる事も大切ですよ(^^)

 

手首の軽い刺激で小顔になる!

身体って不思議がいっぱいですね

 

背骨でもない、骨盤でもない、「頭蓋骨の整体」は

やまぞえ整体院与謝野店(金・土・日・月曜日営業)

やまぞえ整体院京都烏丸三条店(院長 火・水・木曜日施術)(スタッフ土・日・祝日施術)