やまぞえ整体院代表の山添嘉之です。

頚椎今日、友達から電話があり

「動いていない時に腰が痛くて、身体を動かしている時は痛くないんだけどなんで?」って聞かれたので

「それは、首が悪いんだよ」って答えました(^^)

腰が痛いって言ってるのに「首が悪い」って答えはどうよって感じですが、それが本当の原因です。

 

腰が悪い(腰の周辺に歪みがある)場合は、身体を動かすと痛みが強くなります。

歪みがあると腰への負担が大きくなるので当然ですね

動くと腰痛はでないと言うことなので腰に歪みが少ないと考えられます。

なので原因は他の所にあるわけ

その一番の有力候補が首の骨なんです。

 

以前も書いたかもしれませんが、首の骨(頚椎)と腰の骨(腰椎)は、お互いに影響をしあってます。

首がゆがむと腰もゆがみ
腰がゆがむと首もゆがむ
っていう関係です。

肝心なのはどちらが主かを見極めること
これを見極めるのは、経験がいるのだが、簡単に見極める方法としては
「動いている時(又は動く時)に痛みが出る」⇛腰が悪い
「動いてない時に痛みがある」⇛首が悪い
でも判断できますよ(かなり大まかな判断方法ですがね)

痛くないところの方が悪いと思え!

身体って不思議がいっぱいですね(^^)

 

追記
その友人から予約が入り来院
見てみると、やっぱり首の骨に歪みがありました
その原因は、左の手首とアゴのゆがみ
整えると「痛くない。すごく動きやすい!」と喜んでもらえました(^^)

 

背骨でもない、骨盤でもない、バキボキしない

頭がい骨の整体で身体は変わります!

頭がい骨の整体で健康な体を取りもどしませんか!

やまぞえ整体院 与謝野店(丹後与謝野町)

やまぞえ整体院 京都烏丸三条店(京都市中京区)