やまぞえ整体院代表の山添嘉之です。

ギックリ腰は揉んではいけない

「6日前にギックリ腰になって動けないんだけど」

と、ご予約をいただいた50代の男性クライアント様

 

当院に来られた時も

何かにつかまらないと立てないし歩けない状態です

 

普通なら

ギックリ腰になって6日だと回復期に入っているので

痛いながらも歩けるんですけどね

 

話をうかがうと

「6日前に腰が痛くなって近くの整体に行って、腰を冷やしてから揉んでもらったら、帰りはすごく楽になって」

「良かった〜って思ってたら、その日の夜から動けないほど痛くなった」

との事です

 

あ〜

ギックリ腰になったばかりの時は

揉むと悪化する事があります

なぜかと言うと

ギックリ腰は筋肉や筋膜が炎症をおこしています

つまり、

筋肉や筋膜が怪我しているようなものです

 

怪我だと考えたらわかりやすいと思いますが

怪我した傷口を揉むと(拷問ですね)余計に悪くなりますよね^^;

ギックリ腰になった腰を揉むと言うのは、怪我した傷口を揉むのと同じことなんです!

 

やまぞえ整体院では、

ギックリ腰の状態を3段階に分けて整体の方法も変えています

腰痛の原因解説シリーズにも書きましたのでお読みください(^^)

で、

今回の男性クライアント様ですが

6日めとは言え、身体の状態は急性期と変わらないので

座ったまま

  1. 大腿筋膜療法と上腕三頭筋療法で筋膜のバランスを調整
  2. そのあとで、腰椎をササッと調整

で、終了

施術は5分位です

立っていただくと

「立ちやすい!歩きやすい!」

 

念のため翌日も来ていただくと

「昨日、整体を受けてから調子良くて、お風呂にも入れましたよ♡」

と喜んでいただけました( ̄ー ̄)bグッ!

 

ギックリ腰は揉むと悪化しますよ!

 

 

身体の不調が続いているのに、病院の検査で異常が見当たらない場合は、やまぞえ整体院へお越しください

触れるだけで「あたま」と「あご」を整える!!
やまぞえ整体がお役に立てるかもしれません(^^)

 

「頭蓋骨矯正の匠」山添嘉之東郷絵美が「触れるだけの整体」で根本原因から整えます!dsc06086

みなさんの、痛みをなくして笑顔になっていただく!
それが私の使命です(^^)

与謝野店

 

与謝野店のホームページ

TSUTAYA野田川店敷地内 手作りパン「パパス」隣り

営業日  毎週 金曜日・土曜日・第3日曜日
営業時間 朝9時から夜7時まで

ご予約電話番号 0772-42-4623
ネット予約はこちら

京都烏丸三条店

京都市営地下鉄「烏丸御池駅」5番出口から徒歩2分!
烏丸アネックス507号室

営業日  山添 月曜日 火曜日 水曜日
東郷 土曜日(15時から)日曜日 祝日(木曜日と金曜日)毎月第2水曜日
営業時間 朝10時から夜7時まで

ご予約電話番号 075-708-7498

ネット予約はこちら

9月12日以前のブログに記載の「与謝野店」と「京都烏丸三条店」の営業日と営業時間は2017年9月までのものです。

2017年10月1日以降の営業日と営業時間は9月12日以降のブログに記載の営業日と営業時間になります。