やまぞえ整体院代表の山添嘉之です。

「30年来の顎関節症で、最近口が開かなくなり、口腔外科で治療を受けたが治りきらない」

イメージ口口腔外科での治療は、マウスピース・筋肉を緩める薬・アゴのタッピング
それで、少しは口が開くようになったのだが、まだご飯が食べ辛い

口を開けると、左のアゴに痛みが出て大きく開けれないようです。

 

原因は、左手の親指でした。

親指のねじれが、めぐりめぐってアゴをズラしていたんです!

他にも、肩・足・首・頭がい骨と絡み合っていて、どこまで調整しきれるかわかりませんでしたが
施術後、「痛みはあるけど今までと全然感じが違う!」と喜んでいただけました。

口の開かない原因が、手の親指にある

身体って不思議がいっぱいですね(^^)

 

背骨でもない、骨盤でもない、バキボキしない

頭がい骨の整体で身体は変わります!

頭がい骨の整体で健康な体を取りもどしませんか!

やまぞえ整体院 与謝野店(丹後与謝野町)

やまぞえ整体院 京都烏丸三条店(京都市中京区)