鼠径部(そけいぶ)の痛み

先週1名と今週に1名、「鼠径部(そけいぶ)が痛い」と言われる女性のクライアント様があり、その原因がどちらも同じだったので、その症例を書いておきます。

どちらのクライアント様も、メインの症状は他にありました。

先週来られたクライアント様のメインの症状は「腰痛」で、今週来られた方は「首と背中と腰が常に痛む」です。その他に「鼠径部の痛みがある」というのが共通する部分です。

鼠径部とは、下の画像の赤線部分のことです。

それぞれ、腰痛は、骨盤と首の調整で改善し、首と背中と腰の痛みの方は首の調整で改善したのですが、鼠径部の痛みは残っていました。

鼠径部は、腰にあるので骨盤のゆがみが原因かと思われるでしょうが、実はそうではないんです!骨盤のゆがみが原因なら腰痛の方は骨盤を整えたので鼠径部痛も改善されているはずです。それが改善していないということは他に原因があるんです。

鼠径部痛の原因

鼠径部痛の原因は、骨盤ではありません。

では、どこ???

それは、「あご」です!!

正確に言うと「下顎骨」です。(下の画像の青い部分です)


腰にある鼠径部とあご・・・全然関係なさそうですが実は深いところでつながっているんですよ。

実際に下顎骨を調べてみると、「下顎角」という部分が少しだけ外側へゆがみが出ていました。(上の画像の矢印方向です)それを軽く調整してから立っていただくと、「あ!痛みが無くなりました!」と喜んでいただけました( ̄ー ̄)bグッ!

鼠径部が痛いのは、あごのゆがみが原因ですよ!

身体って、意外なところが関係しているから面白いですね(^^)