やまぞえ整体院代表の山添嘉之です

座ると膝が痛い

先日「正座で座ると膝の内側が痛い」方と

「あぐらで座ると立つ時に膝裏が痛い」方が続けてありました。

どちらの方も、「歩くのは痛くない」とのことです。

原因

さてさて、座ると痛い・立つ時に痛い、一見違う症状のようですが、この両者原因は全く同じでした。

その原因は、膝関節の外側変位です!

外側変位って何??って思われるかもしれませんね

外側変位とは読んで字のごとく、膝の関節が外側へゆがんだ状態のことです↓

ゆがみの種類

膝の関節に限らないのですが、ゆがみ方の種類は

  • 外側変位・内側変位
  • 外旋変位・内旋変位
  • 前方変位・後方変位
  • 上方変位・下方変位
  • 収縮変位・伸長変位

と、5種10通りの変位方向があります。

実際は、これらが複雑に絡み合っているので、もんでも押してもなかなか改善しませんよ

複雑に絡み合ったゆがみの状態を細かく分析して、それぞれを整体施術でほどいていくのがやまぞえ整体療法です( ̄ー ̄)bグッ!

と、まぁ自己アピールはこれくらいにして(笑)

整体施術

今回の2名のクライアント様は、ゆがみがそんなに絡んでいなかったので、

  • 膝関節の外側変位を整えて
  • 骨盤を整えて
  • 首の骨を整えたら

わりとすんなり改善しましたよ^_^

もちろん、これで安定してくれるか経過を見ていかないといけませんけどね。

意外な本当の原因

「膝の痛みが改善して良かった良かった」で終わらないのがやまぞえ整体療法です

「正座をすると膝の内側が痛い」「あぐらをすると立つ時に膝の裏が痛い」原因は、膝関節の外側変位でした。

では、なんで膝関節が外側変位してしまったのか?

これがわからないと、また同じことを繰り返すだけです。

で、調べてみたら、

正座で膝が痛くなる方は腕のねじれが原因で、あぐらで立つ時に痛くなる方は親指のねじれが原因でした!

膝が痛くなる原因が、腕や親指にあるとは、お釈迦様でも気がつくめぇ〜って感じでしょう

 

やまぞえ整体療法は、症状の直接的な原因だけではなく、本当の原因から改善させる整体です

 

 

身体の不調が続いているのに、病院の検査で異常が見当たらない場合は、やまぞえ整体院へお越しください

触れるだけで「あたま」と「あご」を整える!!
やまぞえ整体がお役に立てるかもしれません(^^)

 

「頭蓋骨矯正の匠」山添嘉之東郷絵美が「触れるだけの整体」で根本原因から整えます!dsc06086

みなさんの、痛みをなくして笑顔になっていただく!
それが私の使命です(^^)

与謝野店

 

与謝野店のホームページ

TSUTAYA野田川店敷地内 手作りパン「パパス」隣り

営業日  毎週 金曜日・土曜日・第3日曜日
営業時間 朝9時から夜7時まで

ご予約電話番号 0772-42-4623
ネット予約はこちら

京都烏丸三条店

京都市営地下鉄「烏丸御池駅」5番出口から徒歩2分!
烏丸アネックス507号室

営業日  山添 月曜日 火曜日 水曜日
東郷 土曜日(15時から)日曜日 祝日(木曜日と金曜日)毎月第2水曜日
営業時間 朝10時から夜7時まで

ご予約電話番号 075-708-7498

ネット予約はこちら

9月12日以前のブログに記載の「与謝野店」と「京都烏丸三条店」の営業日と営業時間は2017年9月までのものです。

2017年10月1日以降の営業日と営業時間は9月12日以降のブログに記載の営業日と営業時間になります。