京都やまぞえ整体院の山添です。

左右の耳は同じように聞こえますか?

ちょっと前に、奈良にある源九郎稲荷神社にお参りしたとき、授与所に鈴を売っているのを見つけて買いました。

こんなやつです↓

シャンシャンと、良い音がするんですよ(^^)

シャンシャンと鳴らすと、気持ちがスッとするような感じを受けます♡

 

この鈴を右側で鳴らしたときと、左側で鳴らしたときで、聞こえ方が違うのか?ふと思い立ち、すぐに試してみました。

すると、右側で鳴らしたときは、高音域までクリアに聞こえますが、左側で鳴らしたときは高音が聞こえず低音に聞こえるではありませんか!

何回試してみても同じ結果です。

という事は、左耳が聞こえにくくなってるってことですね

普段意識したことはありませんでしたが、年齢とともに身体の機能が劣ってきているということか!^^;

気をつけないといけませんね〜(´・ω・`)

皆様も左右の聞こえ方をチェックしてみてください

左右差を感じたら要注意です!

右耳が聞こえなくなった

さて、ここからはお客様の話です。

60代の男性の方です。

数年前から、右耳でボゥ〜って言う音がしてて、会話をしてても聞こえにくかったそうですが、年々ボゥ〜って音が大きくなり、ついに右耳が全く聞こえなくなったそうです。

試しに源九郎稲荷神社の鈴を左右の耳で聴き比べてもらうと、やはり右耳は聞こえていないようです。

さてさて、正直に言って、整体で聞こえるようになるかどうかは、やってみないと分かりません。

今まで、難聴の治療に来られたお客様はおられませんからね

お客様にもその旨は伝えました。

そういえば、師匠の井村先生は、子供の難聴の施術から癒道整体を思いついたと言われていましたね。

私に、そこまでの技量があるかどうかは分かりませんが、お客様も「ダメ元でお願いします」とのことでしたので引き受けました。

施術のポイントはアゴと首

耳は頭蓋骨の中の「側頭骨」にあります。

この側頭骨は、肩の「肩甲骨」と腰の「骨盤」と関係が深い骨です。

なので、整えようと思うと骨盤と肩甲骨も調整が必要です。

お客様の側頭骨・肩甲骨・骨盤を見てみると、複雑にゆがみが出ています。

少しずつ整えていきます。

骨盤と肩甲骨と側頭骨を整えたら良いかと言うと、そんなに単純な問題ではなく、それらの周辺もバランス良くしないといけません。

耳の調整で重要なのは、側頭骨だけではなく、顎関節と首の骨である頚椎(以下頚椎と書きます)も大事です。

というか、顎関節と頚椎が一番大事かもしれません。

実際に、顎関節は詰まって硬くなっていますし、頚椎はズレが大きい!

そのあたりを整えて1回目の施術は終了です。

耳の聞こえを確認すると、全然変わらず右耳は聞こえません。

まぁ、ちょっとがっかりでしたが、それは想定内です。

ただ、「身体全体は、軽くなって良い感じです」と言っていただけました(^^)

 

その後も、ほぼ週一ペースで来院してくれたこともあり、1ヶ月過ぎた頃から変化が見られるようになりました。

「最近ボゥ〜と言う音が小さくなってきたんですよ!」

おぉぉぉ〜、少し改善の兆しが見えてきた!

 

さらに最初の施術から2ヶ月が過ぎた現在では、

「最近、朝の2時間位は右耳が聞こえているんですよ!!」

「この前、気がついたら右耳で電話してました!」

おぉぉぉぉぉぉぉぉ〜〜〜〜〜〜!!!!

素晴らしい!!

聞こえなかった右耳が聞こえるようになってきた〜〜!!

「すごいですね〜!」って言ったら

「それはこっちのセリフですよ。先生すごいですね!」と「言っていただけました(^^)

 

この2ヶ月間、施術ごとに良くなっていったわけではなくて、良くなったりイマイチだったり、悪くなったりを繰り返しながら改善していきました。

あきらめずに来ていただいているお客様のおかげですね。

 

完全に聞こえるようになるには、まだかかるでしょうが、これからもがんばります。(^^)