やまぞえ整体院の院長の山添嘉之です

肩甲骨の内側に痛み

先日来られた60代の女性クライアント様です。

症状を聞いてみると「背中の肩甲骨の内側がズキッと痛むんです」とのことです。

寝てても痛いし、座ってても痛いそうです。

背中が痛い時は背中をマッサージすれば良くなりそうな気がしますが、現実はそううまくいきません

なぜかと言うと、本当の原因は痛いところにはないからです。

身体は、身体のどこかのバランスが崩れると他の場所を崩して、常に真っ直ぐ立てるように修正します。  

ちょうど、積み木を高く積んでいく時に、バランスが崩れると、上の積み木を少しズラして積みますよね。それをイメージしてもらうと良いかもしれません。

身体の中でも同じようなことが起こっています。

そのズレ方が大きくなると、修正が効かなくなり積み木なら崩れますが、身体はどこかの痛みとして現れます。

ただ、その痛みがどこに出るかは人それぞれなのでわかりません。

原因

肩甲骨の内側が痛む場合の考えられる原因は、

  • 肩甲骨の位置がズレている
  • 痛みがある部分の背骨のゆがみ
  • 首の骨のゆがみ
  • あごのゆがみ

などがあります。

整体施術

それらを整える施術をしてみると、

まず、肩甲骨の位置ずれを調整して背中の痛みを確認すると「変わらず痛いです」

ってことは肩甲骨が原因ではない・・・

次に首の骨と背骨のゆがみを整えて痛みの変化を聞いてみると「さっきより少しマシです」

どうやら首から背骨のゆがみが関わってるようです。

あごも首の骨と関係が深いので、あごも調整して痛みの変化を聞いてみると「さっきとはそんなに変わらないです」

首の骨と背骨のゆがみが関わってることはわかったけど、少しマシになったくらいで決定的な効果は出ていません

ということは、どこかに本当の原因が隠れているはず。

それを見つけないことには、痛みが完全に取れません。

本当の原因

こういう時は、基本に返って全身を調べるのが一番です。

身体のゆがみを調べてみると、右腕前腕のゆがみが気になり調整を始めた途端クライアント様が

「あ!今痛みが消えました!!」

整体ベッドに寝てても痛みを感じてたのが、急に痛みが消えたので思わず声が出たようです(^^)

背中の痛みの原因は、前腕のねじれだったんですね

前腕をきっちり整えてから起きていただくと

「あれほど痛かったのに今は痛くないです!」と喜んでいただけました(^^)

痛いところが悪いわけではありません

本当の原因は、意外なところに隠れていますよ(^^)