やまぞえ整体院代表の山添嘉之です。

テレビでは、毎日(いや一日中)グルコサミンやコンドロイチンを飲むとひざの軟骨が再生されて、ひざ痛に効果があるようなCMが流れていますね〜

本当か?と疑いながらでも試さずにはいられないのが、ひざ痛でお困りの方の心情です
藁にもすがる思いですね

藁にすがるより、私にご相談ください(^^)

ひざ痛の原因?

ひざ痛の原因は、単純に考えるとわかります。

それは、「太もも」と「すね」の骨(大腿骨と脛骨)が逆方向へねじれあっているからです
こんな感じ膝のねじれ1

ひざの上の骨と下の骨が逆になっていたら、関節が噛み合わないので痛みもでると言うことです。

ひざの内側が痛い

ひざの内側が痛い場合、ひざの少し上の内側に痛い場所があることが多い
これは、太ももの骨(大腿骨)が内側にねじれ過ぎているからです
こんな感じ

太ももの骨が内側にねじれすぎ

太ももの骨が内側にねじれすぎ

ひざの外側が痛い

膝の外側が痛むの場合、ひざの少し下の外側が痛い場合が多いのですが、これは「すねの骨」(脛骨)とその外側にある腓骨頭が外側にねじれ過ぎている事が多い
こんな感じ

膝の外側が痛い

膝の外側が痛い

ひざの関節全体が痛い

ひざの関節全体が痛むのは、太ももの骨(大腿骨)とすねの骨(脛骨)の間にあり、関節のクッション的役割をしている半月板の位置がズレている場合が多いですね
こんな感じ

ひざ関節全体が痛むのは半月板のズレ

ひざ関節全体が痛むのは半月板のズレ

ひざ痛にも、いろいろな症状があるわけですが、上記のように原因をハッキリさせると解決策も見えてきます。

頭がい骨の整体では、どう見るか

ひざの状態を頭がい骨に当てはめるとこんなふうになります頭がい骨とひざ

後頭部を左右半分に分けて、それぞれを上中下に三等分します。
上が「太もも」真ん中が「半月板」下が「すね」と見るとひざ関節を含む足全体の状態が反映されていますので、後頭部を整えるとひざのバランスが良くなり痛みも改善されますよ(^^)

 

ちなみに、グルコサミンやコンドロイチンには「消炎鎮痛」の働きがあるので「痛みが治る」のではなくて「痛みを感じなくなる」だけですからお間違いなく

 

ひざ痛の原因が後頭部にあるなんて
身体って不思議がいっぱいですね(^^)

背骨でもない、骨盤でもない

頭がい骨の整体で身体は変わります!!

やまぞえ整体院 与謝野店(丹後与謝野町)

やまぞえ整体院 烏丸三条店(京都市中京区)