やまぞえ整体院の山添です

軽い腰痛

軽い腰痛の解説です。

軽い腰痛のときは、腸骨稜(骨盤の上の部分)が凸凹してて、痛みの出ている側の骨盤が前傾しています。

それに伴い、腰椎(背骨の腰の部分)が左右へねじれています。

だから、それらを調整すると、簡単に痛みが引いてきます。

ただし、軽くない腰痛は、首のゆがみ・頭のゆがみ・アゴのゆがみなど、腰意外の部分が絡み合っているので、ちょっと技術が必要です。

簡単ですよって言うのは私基準なので、整体をしたこと無い方には難しいですよね

そこで、誰でもできる腰痛の調整方法をご紹介します。

軽い腰痛の調整方法

ご家庭で簡単にできる腰痛調整方法

腰痛のある患者さんと施術する人1名で行います

  1. 腰痛のある方は、横向きに寝てください(寝やすい方を向いていただいたら良いです)
  2. 施術する人は、患者さんのお尻側に立つか座るかしてください
  3. 施術する人は、患者さんの骨盤と股関節に軽く手のひらを当てます(力入れずに当てるだけです)
  4. そのまま30秒〜1分何もせず、何も考えずじっとしていてください(手のひらに骨盤が動く感じが伝わってきます)
  5. 反対側も同じようにします
  6. 患者さんに起きていただき腰痛が軽くなていればOKです
  7. まだ、痛みがある場合は何回か繰り返してください(数日かかる場合もあります)

これで、改善しない場合は、やまぞえ整体院にお越しください

早期改善するように全身調整します(^^)

軽い腰痛なら簡単に改善しますよ!