やまぞえ整体院の院長の山添嘉之です。

捻挫

いつも来てくれる女性のお客様です。

先日、「右足首を捻挫してしまったんです」と来られました。

しかも、立て続けに同じところを2回してしまったそうです!(痛そう)

 

捻挫をすると足の骨はどうなるのかというと

かかとは、上が外側に倒れ下が内側に傾きます。

こんな感じ↓(青い部分がかかとの骨の踵骨です)

更にかかとの前にある立方骨という骨が外側に出てきます

こんな感じ↓(青い部分が立方骨です)

1回目の整体施術で、これらの骨を整えて痛みはほぼ無くなり帰られました。

再発

「1回目の施術の後、痛みがなくなり、いろいろ用事で歩き回ったらまた痛くなってきた」と1週間後に来院されました。

前回と同じように、かかとの骨と立方骨を整えようとするのですが、なかなか整いません^^;

おかしいな〜と、かかとの骨をよく調べてみると、前回とは違うゆがみを発見!

かかとの骨の先が上にズレています!

こんな感じ↓

これが治りにくくしてる原因です

施術は、このかかとの骨を整えたら良いのですが、直接押して整うものではありません。そんなことをしたら、逆に痛めるのが関の山です。

おでことかかと

ではどうするのか?

こういう場合は、おでこから整えます!

おでこからかかとの骨を整える??ってよくわかりませんよね〜

まぁわからなくても良いんですけど、かかとの骨が写真のようにゆがむと、おでこは下がってきます。

こんな感じ↓

おでこが下がると、目が小さくなり、頬が下がって横に広がってきます!

 

だから、逆におでこを整えると、かかとが整って足首の痛みも改善されていきます。

施術後、足首の痛みも小さくなり、逆に目はパチリ大きくなりました(^^)

捻挫は、足だけ見てても治らないんですよ。

頭蓋骨矯正ができる整体ならではの捻挫の改善方法です(^^)