やまぞえ整体院代表の山添嘉之です

今回は五十肩について第2回目です

五十肩一回目を読んでいない方は「五十肩 ホントの原因1」を読んでね♡

さて、「五十肩 ホントの原因1」で、五十肩の原因は肩関節のズレにあると書きましたが、その原因までは書いてませんでした。まぁ、最後まで見てもらいたくて良いところでCMに入るテレビドラマ的手法を使った訳ではなくて、ただ単に内容的に1回では書ききれないからです(笑)

さて、なぜ肩関節がズレるのか?

それは手を使うから!

ガクッっとなりそうなこの答えですが真実でもあります

皆さんは手を使うとき内側にねじって使う事が多くありませんか?って言うか外側にねじる事はそんなにありませんよね。

現にこうやってPC作業をしている手を見てください。手の平を下にしてますよね。

これが肩関節をズレさせる原因なんですよ!

イメージとしてはこんな感じ腕のねじれ画像

手首が内側にねじれると肘は外を向こうとする。

肘が外側を向くと肩はその逆に内へねじれる

この状態が長く続くと肩関節が正常な位置に戻らなくなり固定されてしまうと言う訳ですね

若いうちは、筋肉や靱帯のバネが効くので回復力が強く働き良い状態に戻るのですが、中年以降はバネが効かず悪いまま固まってしまいます。その結果が五十肩となり痛い思いをすることになります。

だから、五十肩の調整は、まず手首を整える事が重要です。

とは言え、骨や筋肉・靱帯・腱が入り乱れているので手首の調整は難しいんですけどね

症状が軽い場合でしたら手首を整えるだけでも効果はでますよ(^^)

 

ところが、重度の五十肩はそう簡単にはいきません。

それは、腕のねじれが他へ影響を与えて、そこから肩関節にロックをかけているからです!!

実を言うとここからが大事なところなのだが今日はここまで

次回をお楽しみに~