やまぞえ整体院代表 山添嘉之です

五十肩 ホントの原因シリーズ第4弾です

1~3を読んでない方は⇒「五十肩ホントの原因1」「五十肩ホントの原因2」「五十肩ホントの原因3

今回でひとまずシリーズ最終回とします。(アクセス数が伸びないところを見ると、皆さんそろそろ飽きてきたかも・・・)

 

さて、前回では五十肩の調整が上手くいかない原因に顎関節が関係している事を書きました。このことは、癒道整体を勉強している方なら分かっている事と思います。(癒道整体を勉強してない方には新鮮かもしれませんが)

で今回は、腕も調整した。顎も調整した。でも、肩は動かない・・・って時はどうなの?と言う話しです。

ズバリ言います。

それは、踵の骨(踵骨)です!!踵骨変位の画像

この踵の骨が矢印の方向に歪むことで、肩関節に影響し、肩の動きをロックしています!!

実は、癒道整体を勉強している方なら、この事も織り込み済み

でも、効果が出ないのは、踵の見方が甘いからです。

画像では、単純に変位の方向を矢印で表していますが、実際はもっと複雑で、一見整ったように見えても歪みが残っている事が多いですよ

踵の骨を検査する時の判断材料を2点書いておきますので参考にしてください

1、踵の上部とアキレス腱が真っ直ぐになっているか?

2、踵の上部内側のくぼみに左右差が無いか?

この2点に注意して踵を検査してみてください。きっと見逃しているところがあるか、妥協している点がありますよ

調整方法は、いろいろ有りますが一番分かりやすい方法としては、踵を上記の2点に注意して真っ直ぐに10秒~30秒固定して様子を見てください

けっこう効果がありますよ

五十肩に関しては、他にも関連場所がありますので、いずれ書きたいと思います(書いて~ってコメントがあれば・・・)

五十肩の原因が踵の骨!

身体って不思議がいっぱいですね(^^)