やまぞえ整体院代表の山添嘉之です。イメージ前腕

今月の癒道整体セミナーのテーマは前腕と頭がい骨・顔面骨との関係

超簡単に言うと、「前腕(腕の肘から手首の部分)がねじれると頭がい骨やお顔がゆがみますよ〜」と言う話

前腕のねじれは、頭がい骨・顔面骨だけでなく、アゴ・首の骨(頚椎)・肋骨・腰の骨(腰椎)・骨盤の仙骨・尾骨・脚・膝・足骨・・・

とまぁ全身に関係しており、前腕のねじれで、首痛になったり、腰痛になったり、ひざ痛になったりするわけです

他によくある症状で言うと、「足裏が痛い」って言うのも前腕のねじれが大きく関係していますよ

 

なぜ前腕がねじれるのか?

日常的に手を使うことが多いですよね
勉強・デスクワーク・作業・家事・重いものを持つ・車の運転・・全て手を使います
その使い方は内側にねじる事がほとんどで、外側にねじる事はマレだと思います
つまり普通に使ってたら前腕はねじれるんです

ただ、腕はねじれても腕自体に体重がかかっていないので直接の痛みが出にくい
その代わりに首や肩のコリ・腰痛・ひざ痛といった形で現れるんです

(腕や手指に痛みやしびれが出た時は、全身をまわって腕に帰ってきたようなものなので回復に時間が掛かる事が多いんですよ)

なので、前腕のねじれを調整すると、頭がい骨やお顔だけでなく全身が整ってくるわけです。

とは言え、これが結構奥が深い

と言うのも、前腕には橈骨と尺骨の2本の骨があり、肘側では上腕骨と繋がり手首側では手根骨(手の骨)と連絡
さらに、手のひら側には8つの筋肉、手の甲側には12の筋肉があり、これらが複雑に絡み合って前腕のねじれを作っているから

また、左右で腕の使い方が違うのでねじれ方にも左右差があるからややこしくなる

施術はまさに絡まった糸を紐解くようなもの

この複雑に絡まった前腕を正確に調整するために私も日々精進しております

image

 

物言わぬ働き者の前腕を日頃から労ってあげてくださいね

それと、複雑に絡まる前に調整されることをおすすめしますよ(^^)