やまぞえ整体院代表の山添嘉之です。

このブログ、前回のエントリーがなんとアクセスが8000と
今まで見たことも無い数字になり
「ついに私の時代がキターー」と思っていたら、
なんと、テレビにも出られている某超有名人の方にシェアしていただいてた結果だと判明

あの方にシェアしていただき、かなり嬉しいかった反面
「私の時代はまだ来ていなかった」ってことでちょっと残念^^;

アクセス数も通常運転に戻ったところで、地道にコツコツ頑張ります(^^)

 

さて、本題へ
先日「ちょっと身体をひねると、左肩甲骨辺りに激痛が走る」と言う男性クライアントが来られました。

詳しくお話をうかがうと、始まりは左の鎖骨付近に「痛みではない張った感じの違和感」が現れ、すぐに治るだろうと放置してたらある時肩甲骨辺りに激痛うが走るようになってきたらしい

よくある話ですね

ぎっくり腰でも同じですが、腰の重さやダルさ軽い痛みが続いてて、ある時突然グキってくるパターンです
ゆがみが蓄積されて限界に達した状態ですね

 

肩や肩甲骨あたりを見てみると
右の肩関節が前に出て、左の肩関節は後ろ気味なのですが、左の肩甲骨は外に広がり前に出ようとしている
簡単に書くと、肩関節と肩甲骨が逆に向かっていて、ちぐはぐな感じになっています
背骨は右に行ったり左に行ったり迷走してます

そうなった原因は腕のねじれでしたが、頭にも同じねじれが出ていました
後頭部と側頭部が逆方向にねじれてます

こんな感じです

こんな感じです

 

施術は、その後頭部と側頭部を整え背骨のゆがみも揃えると、肩関節と肩甲骨が大まかに整い痛みも半減

おでこにも同じ歪みがあったので調整すると
痛みは背骨の一点に絞られたので、そこを軽く整えて終了

痛みの感じを確認してもらうと、痛みはほぼなくなったようです

 

痛みが軽いからと放置してるとひどくなるのでご注意くださいね(^^)