やまぞえ整体院の山添嘉之です

前回の記事

「腰の激痛と右の四十肩で寝るのも辛い40代女性クライアント様。その原因を告げると「そうそう!以前はそこが痛かったんですよ!すごーい!」(^^)」の続きです

前回記事のクライアント様です。

1回目の施術で腰痛は劇的に改善したのですが、右肩の四十肩はまだ残っていました

今回は2回目の来院です

前回の施術前より痛みは和らいだものの、やはりまだ肩が痛くて手が背中に回りません

調べてみると、前回とは比べ物にならないくらい頭蓋骨や腰椎仙骨は整っています

でも、頚椎はまだ歪みが強く残っていました

頚椎が歪んでいるから頚椎を直接整えれば良いのかと言うとそうでもない

何故かというと、頚椎もどこかの影響を受けて歪みや捻れが出ているからです

だから、頚椎を直接整えても軽いねじれなら整うけど、ねじれや歪みが強い場合は改善されない

 

では、頚椎を歪めている原因はどこにあるのか?

それは顎です

顎の歪みが頚椎を歪ませる原因になっていることが多い

施術としては、顎を調整して頚椎を合わせると頚椎は整えやすいですね

で、四十肩ですが

前々回の記事、突然右肩が痛くなった80代女性クライアント様。その原因に「・・・(笑)」にも書きましたが、肩痛には顎の歪みが強く絡んでいます

四十肩の場合は、特に下顎頭(いわゆる顎関節)の状態がかなり影響をしています

顎関節と五十肩

施術は顎全体を整えてから、顎関節を微調整。

すると右肩の状態が変化してきたので右腕を上げて肩の状態を確認してもらうと

「あ!動く!!」

良かった〜(^^)

 

施術後、右肩は顎の歪みが原因である旨を伝えると

「あ!! 5年ほど前に右の奥歯を抜いてそのままなんです。納得です。すごーい!」

 

歯を抜けたままにしておくと顎が歪んで、思わぬところに影響が出ます

歯は大事にいてくださいね

 

同じ四十肩・五十肩でも、原因は様々で、上記のクライアント様のように2回の施術で改善することもあれば、何ヶ月もかかる場合もあります

歪みの原因や度合いが人それぞれですからね

出来るだけ短期間で改善できるよう頑張ります(^^)