やまぞえ整体院代表の山添嘉之です。

写真はイメージです

写真はイメージです

お顔の右側が下る

日々、クライアント様のお顔を拝見していると、お顔の右側が下がっている方が多いことに気が付きます。

お顔の右側と言うのは、口元・ほほ・目・眉などです。

私を含めて男性は、鏡を見る機会が女性よりはるかに少ないので気になることも無いでしょうが、女性のかたにとっては出来るだけ隠したい現象ではないでしょうか?

だからといって、お顔を直接グイグイ引き上げても痛いばかりで効果は少なく、さらには身体に対して不自然な刺激になるので不調の原因にも成りかねません

では、どうしたら良いのか?

と、その前にどうしてお顔の右側が下がるのか?ですが
これは手首の使い方に原因があることが多いですね
多いと言うのは、他の原因もありますよって事ですからお間違いなく

手首の使い方でお顔が下がる???

手首の使い方でお顔が下がるって言われてもわからないでしょう
ここで手首の解説を少し腕の骨

肩から肘にかけての上腕骨は1本なのに対して、肘から手首にかけての前腕には「橈骨」と「尺骨」と言う2本の骨があります。
2本の骨で構成されている事により、自由度が飛躍的に上がっているわけですね。

で、これのどこがお顔を関係あるかと言うと、この「橈骨」と「尺骨」タテにズレるとお顔もタテにズレて来るのです。

具体的に言うと、右利きの方は右手首を少し小指側に傾けて使うことが多くなります。そうすると小指側にある尺骨が肘の方へ押しやられる形となり橈骨との位置がタテにズレる事になります。

施術は、この尺骨の先を摘んで軽く手首側に引けば良い

そうすると下がったお顔が引き上がってきますよ
でも、気をつけないといけないのは、力ずくでやると効果が無いってこと
軽く引くほど効果が出ますね

お顔の下がる原因の一つって程度にお考えください

身体って不思議がいっぱいですね