やまぞえ整体院代表の山添嘉之です。

日々施術をしていて思うこと

すぐに治る人と治らない人
良い状態が続く人とすぐに悪くなる人
この違いはどこにあるのだろう??ってこと

これは永遠のテーマだと思う

 

ブログは基本的に上手く改善した例を書くことが多い
まぁ、サロンの営業ツールでもあるので良いことを中心に書くのは当然といえば当然か
「腰痛が治らずキャンセルされました〜(T_T)」なんてブログに書いてあったら誰も予約しませんよね〜^^;
実際に治らないからキャンセルされる時もあるとは思うけど、そんな場合は「急用ができたので予約をキャンセルします」ってクライアント様がこちらの気持ちを気遣って電話されてると思うのでホントの所は分からないですけど・・

昨日ブログに書いたクライアント様も、他の整体に行って治らなかったのと次の日から右腕がダルくなったと来られましたからね
その逆もありえる話でちょっとドキッとしました・・・

 

ここ3ヶ月通っていただいているクライアント様がおられます
10年以上事故の後遺症に苦しめられた方で、当院で施術を受けて劇的に身体が変化し、それ以来通ってくれているのですが、その後は少しづつ改善して入るものの一進一退の状態で良くなったり変わらなかったり・・

昨日、そのクライアント様から電話がありました。

「今日1日いつものところにすごく痛みが出て辛かったんですがどうなんだろう?」と・・・
痛みが出ると精神的にも弱ってくるのでよけいに辛いと電話で話されているのを聞くと私の力不足を感じざるを得ません
もちろん、整体は万能ではないし、気圧の変化や精神的ストレスも原因ではあるもののもう少し何とか出来ないかと日々自問自答
セミナーへも出来るだけ多く通い自分のレベルを高める
それでも、なかなか明確な答えは見つからないから整体は難しい
だからこそ天狗にならずに日々精進できるのかもしれないな

 

セミナーの話で言うと、セミナーで習ったことが次の日から使いこなせるなんてことはほとんどありません
そんなにすぐに使いこなせるのならセミナーなんて行かなくてもいいですからね〜
例えて言うと、野球でカーブの投げ方を教わって次の日から試合で使うようなものです
中途半端なカーブなんて、めった打ちに合うかコントロールできずストライクも取れないかになりますよね
技術系の仕事はどこでも同じだと思うが、習ったことが出来るようになるまでに何ヶ月か、物によっては何年かかかって身に付くのだと思う
癒道整体は、指先の感覚が重要な整体なので尚更に会得するのに時間がかかる
私は自分自身が不器用だと思っているから、人の何倍も頑張らないと人並みにすらなれない
セミナーで習ったことを自分や身内で試して、力加減や方向を身体で覚える
1回ではわからないところが出てくるので何回も同じ事を勉強して自分の中で消化し吸収させて実際に使ってみる
自由にコントロール出来るようになるのは何ヶ月も先って感じですね

 

そう言えば、癒道整体の施術を受けて良かったので・・・とメールをいただいた
その地域に癒道整体を勉強されている方は知らないので、本か井村先生以外の人に習った「なんちゃって癒道整体」かなと思う。
なんちゃって癒道整体と本当の癒道整体では全然違うものと思ってください
私自身がなんちゃって癒道整体出身で、本当の癒道整体を勉強して衝撃を受けたからわかります。
癒道整体はまだまだマイナーな施術ですが、少しづつ認知度が上がってきた昨今なんちゃってが増えるのはしょうがない事だとは思うが癒道整体の名前は使わないで欲しいと思います。

 

次の予約の方が来れれるまでの空き時間に、最近思う事をつらつら書いてたら結構長文になってしまった

たまにはこんなのも良いかな

ではこれにてm(__)m