やまぞえ整体院代表の山添嘉之です。

寒くなってから、男性はぎっくり腰で女性はめまいの方が多くなってきた事は与謝野店のブログで書きました

最近、腰痛(ぎっくり腰)の方が多いですよ。寒くなるとぎっくり腰を起こしやすいので注意してくださいね。なぜ寒くなるとぎっくり腰になるのか?その疑問にお答えします(^^)

最近は、男性が「ぎっくり腰」で女性は「めまい」を訴えるクライアント様が多いですね。ぎっくり腰は前回書いたので今回はめまいです。

この時期ぎっくり腰が多いのは、寒さによる筋肉のこわばりが大きな原因と書きました。
でも、それまでに筋肉に負担のかかる原因があります
それは、背骨の腰の部分である「腰椎」のねじれです腰痛

この腰椎にねじれが加わると、背骨で身体を支えることが困難になるので、代わりに筋肉が骨のように硬くなって身体を支えます。
これが腰痛の原因なのだが、その腰椎のねじれ方が異常に大きくなると筋肉が耐えられなくなりぎっくり腰になる。

基本的に腰椎を含む背骨のゆがみは「回転系」です
わかりやすく書くと、背骨の中心を軸にして「時計回り」か「反時計回り」に回る

これがぎっくり腰だと腰椎の回転計のゆがみに加えて左右へ大きく「横ズレ」も起こしています。
回転系だけなら「少し腰が重いな〜」とか「少し痛いな〜」程度で済むのだが、横ズレが加わることによって立てないほどの激痛に見舞われることになるのである

だから、整体の施術としては腰椎の回転系のゆがみと横ズレを調整すれば良い

調整すれば良いなんて簡単に書いたが、実際はそんなに簡単な話ではないのであしからず

ここで簡単に施術方法を書いてみましょう
まず、腰椎を調整する前に下ごしらえとして「仙骨」「尾骨」「頚椎」を調整しておきましょう
次に、「頭がい骨」「顔面骨」「アゴ」を調整して、腕や脚のバランスも整えるとさらに効果が高くなります
ここまで出来ると「腰椎」もある程度調整されているので、残ってる腰椎のゆがみを直接整えます(ここでは力を入れずに軽く調整しないと逆に痛めてしますので細心の注意が必要ですね)
腰の筋肉調整も忘れずに行ってください
最後に再度「頚椎」を合わせて施術終了です

クライアント様に立っていただき痛みの具合を確認してもらいましょう
痛みが残ってるようなら、どこかにゆがみが残っています。再度確認してみましょう
少しの痛みは残ることがありますが、3日もすれば嘘のように痛みはなくなりますよ(個人差はあります)

これが「やまぞえ整体院流のギックリ腰調整方法」です(^^)

ギックリ腰になったらやまぞえ整体院へお越しくださいね

やまぞえ整体院与謝野店
やまぞえ整体院京都烏丸三条店