やまぞえ整体院代表の山添嘉之です。

鼻づまり

花粉症鼻水・鼻づまりでお悩みの方が以外に多いですね。

鼻づまりにもいろいろあり
鼻炎では、急性鼻炎・慢性鼻炎・アレルギー性鼻炎・肥厚性鼻炎・花粉症
副鼻腔炎では、急性副鼻腔炎・慢性副鼻腔炎(蓄膿症)などが一般的に知られているものです

特に今の時期は、花粉症やPM2.5なども相まって症状がひどくなるようです

花粉症は、免疫力とも関係しているので、もう少し研究が必要ですが、
日々施術を行いクライアント様を見ていると、急性鼻炎や慢性鼻炎・副鼻腔炎などは明らかに頭がい骨のゆがみが原因で発症している例が多いです。

 鼻腔・副鼻腔

鼻には、鼻の穴の鼻腔(びくう)とその周りの骨の中にある副鼻腔(ふくびくう)があり、その役割は、鼻から吸い込んだ空気の中の異物を除去する空気清浄機の働きがあります。(その他にも、頭がい骨の軽量化・声を共鳴させる働きもあります)

副鼻腔副鼻腔は、鼻の周りに左右4個づつあり、上から前頭骨洞(青い部分)・篩骨洞(赤い部分)・蝶形骨洞(奥にあります)・上顎洞(緑の部分)と呼ばれています。

その中を吸い込んだ空気が通り、異物や細菌などの体内に取り込みたくないものをブロックして排出させるのですが、それがうまく機能しないと異物や細菌が副鼻腔うに溜まり炎症を起こします

それが副鼻腔炎と呼ばれるものです。

なぜ排出がうまくできなくなるか?

それは、副鼻腔の出口が狭くなるからです。

当たり前の答えですが、それが重要な鍵

副鼻腔の上顎洞と篩骨洞は中が複雑に入り組んでいて、通常であればその複雑さで異物を通さない役目を果たすのですが、それ自体がゆがみ、出口が狭くなってしまうと本来の排出ができなくなり膿がたまるわけ

なぜ副鼻腔に歪みが出るかというと、頭がい骨のねじれが原因なんです。

その頭がい骨のねじれを作っているのが「腕のねじれ」です。

なので、施術は「腕のねじれを調整」して「頭がい骨を整え」て「首の骨を合わせる」

これら全て、さする程度の力でできるのが、やまぞえ整体院の「頭がい骨の整体」です。

 

先日来ていただいたクライアント様も、頭がい骨と腕のねじれが強くあり、それらを整えると施術の途中から鼻づまりもなくなったようで、スースーと寝息をたてて寝られましたよ(^^)

 

鼻づまりの原因は「頭がい骨のねじれ」で、その原因は「腕のねじれ」

薬を飲んでもなかなか治らないはずです

身体って不思議がいっぱいですね(^^)

 

背骨でもない、骨盤でもない、バキボキしない

頭がい骨の整体で身体は変わります!

頭がい骨の整体で健康な体を取りもどしませんか!

やまぞえ整体院 与謝野店(丹後与謝野町)

やまぞえ整体院 京都烏丸三条店(京都市中京区)