京都市中京区烏丸三条 烏丸御池駅5番出口から徒歩2分 京都で口コミNo1 触れるだけの整体であたまとあごを優しく整えます

腰痛

腰痛

腰痛このページは腰痛についての一般的解説と「頭がい骨の整体」での調整方法を書いています。

腰痛について

腰痛とは、ざっくり言うと腰の痛みです。
当たり前ですね。
でも、この腰の定義が難しい
人によって、背中の下の方を指す方・お尻を指す方・背中とお尻の境目を指す方といろいろありますからね〜
まぁ、背中の下の方からお尻にかけてを腰と見ておけば良いです。

さて、この腰痛ですが、日本人は約80%の方が経験したことがあるという国民病(病ではないか)なのだそうです。この数字は、欧米に比べてダントツに多いと何かで読みました(出所不明情報ですが)
これは、生活様式の違いでしょう。日本でも生活スタイルが欧米化したとはいえ、まだまだ畳の生活で「正座」「あぐら」「横すわり」をされる方が多いのも日本人に腰痛が多い原因でしょう。

で、この腰痛にもいろいろな種類がありますので、それぞれを解説していきます。

ぎっくり腰

腰痛と聞いて真っ先に思い浮かべるのが「ぎっくり腰」でしょう。
急に立てなくなり、動こうとすると腰に激痛が走り全く動けなくなります

私も昔は年に何回かなっていました。
病院で、レントゲンを撮っても骨に異常がなく急性腰痛症と診断され、湿布と痛み止めの薬をもらうだけ、たまに神経ブロック注射をしてくれ効果が持続している間は良いのですが、効果が切れるとまた痛くなる厄介なものでしたね〜。

実際に病院でも原因はわからず、「筋肉の損傷」「椎間板捻挫」「筋膜性の炎症」だろうとされています。
中には、内臓の異常が関係している事もあるので、内科の受診はしておいた方がいいでしょう。

頭がい骨の整体では

ぎっくり腰で来院されるクライアント様を見ると、腰椎・仙骨・尾骨のゆがみがすごく大きくなっています。
こんな感じ腰椎仙骨変位

こんな風に、腰椎・仙骨・尾骨がゆがむと骨で身体を支えることが出来なくなり、代わりに腰周辺の筋肉が硬くなって身体を支えるのですが、やはり限界があり、その限界点を迎えると立てなくなるわけです。

この、腰椎・仙骨・尾骨のゆがみは、そのまま頭がい骨にも現れています。
こんな感じ

ぎっくり腰と頭がい骨のゆがみ

 

 

この頭がい骨と首のねじれは、腕のねじれの影響を受けていますので、腕を整えると頭がい骨が整い、腰椎・仙骨・尾骨が良い位置に戻ります。
ただ、ぎっくり腰は、筋肉や筋膜の損傷もありますから、整えて完全に回復するまでに2〜3日は無理をしないほうがいいですよ。

 

慢性腰痛

ぎっくり腰ほど痛くはないが、長期間に渡り腰のあたりに思い感じがあり、疲れてくると痛みが増す。
そんな症状が「慢性腰痛」です。

原因は、主に心因性のストレス説が有力です。

 

頭がい骨の整体では?

慢性的に腰が重い感じの腰痛をお持ちの方は、腰の骨(腰椎)のゆがみより首の骨(頚椎)の歪みが強い場合が多いですね。
首の骨(頚椎)がねじれると、同時に腰の骨(腰椎)にも影響が及びます。

つまり、首の骨のねじれが腰の骨にストレスを与えるために腰周辺の筋肉が緊張し、いつも腰が重く感じるわけです。

なので、施術は首を中心に整えます。

「首を中心に」と言ってもボキボキするわけではないのでご安心ください。

腰が重い慢性腰痛の原因が首にある
身体って不思議がいっぱいですね

ご予約専用電話番号(ご予約以外のお電話はお断りします) TEL 075-708-7498 営業日(院長火・水・木曜日)(女性スタッフ土・日・祝日)
営業時間10:00~20:00

PAGETOP
Copyright © やまぞえ整体院 京都烏丸三条店 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.