やまぞえ整体院代表の山添嘉之です

最近は、時間が空くと京都の準備(今のところホームページ)に当てるのでブログの更新が出来てませんが、今日はキャンセルが出たので頑張って書きます(^^)

先日、ご紹介で来られた新規の女性クライアント様

主訴は右肩痛・右肘痛

ちょっとした物を右手で持とうとするだけで激痛が走るそうです

調べてみると、右の前腕の橈骨と尺骨のねじれが強くなっています

これ自体は、橈骨と尺骨のねじれを整えて、頭蓋骨・顔面骨・顎・頚椎のバランスを合わせれば良い(簡単に書いたけど、やまぞえ整体院だから出来る施術ですよ(^^))

なので、それは置いといて今回は別件で

小指を骨折してから関節の動きが悪い

施術中話していると、「6年ほど前に右の小指を骨折してから第2関節がこれ以上曲がらないんですよ」と、小指を曲げて見せてくれました。

確かに右小指の第2関節が3割くらいしか曲がってません

小指を調べると、中節骨(第1関節と第2関節の間にある骨)が外側へ少し曲がっています

それを調整してから関節の動きを確認すると少し動くようになったがまだ動きが悪いように見えます

まぁ、骨折してるし調整してもここまでかな?と普通ならなりますが、ここからが癒道整体のすごい所です。

ちゃんと調整方法があるんですよね〜

癒道整体式指関節調整方法

その方法とは!!

 

 

あ〜

勿体無いから言いたくないかも(^_^;)

 

しかし、多くの情報が欲しかったら、多くの情報を出さないといけません

ケチケチしてたらお天道様に怒られます(^^)

では、書きます

それは、胸椎を調整すると良い

言っちゃいました〜

胸椎とは、頚椎(首の骨)と腰椎(背骨の腰の骨)に挟まれた、背骨の肋骨が付いた部分で12個あります。

胸椎

癒道整体は、世の中にある普通の整体のように背骨至上主義ではありません(骨盤至上主義でもありません)むしろ、背骨なんてついでで良いっていう立場です。

ついででいいから無視していいとはなりません。

それはそれで使い道はあるものですからね。

胸椎の小指の第2関節に該当する部分を調べてみると

ありました!

少し右に変位しています。

それを調整して、しばらく休息してから小指を曲げてもらうと

「あ!!曲がります!!」

骨折しているので完全に元通りとは行きませんが、8割くらいは曲げることができてます

よかったよかった(^^)

やっぱり、身体って不思議がいっぱいですね