やまぞえ整体院代表の山添嘉之です。

先日来られた女性クライアント様

イメージ足症状は「肩こり」「頭痛」「首痛」「アゴが鳴る」でしたが、施術で仰向けに寝ていただいた時に
「仰向けで寝ると右足だけ開くんですよ」と一言
「こんなのは治りませんよね〜」と余計な一言(^_^;)

「いや、治りますよ」と私(^^)

ちなみに「片方の足が開く」で検索すると
多くは「骨盤の歪み」と書いてあります
中には内蔵の障害ともありますね

間違いではありませんが、それだけではないって言うか、それは本当の原因ではない!

世の中、骨盤骨盤とお題目のように唱えてて、「骨盤矯正したら痩せる!」「骨盤矯正で腰痛は治る!」など
正直言って「おまえら骨盤教か!」と突っ込みたくなるほど骨盤信仰が大流行ですが、
人間の体はそんなに単純ではありませんよ

ホントに日々施術をしていて感じるのは「一つの症状が起きるのには体中が関連して絡み合っている」って事

この事実を説明するのはかなり大変な作業になります。

「百聞は一見にしかず」と言うが、整体の場合「百言は一感にしかず」って感じ
百回説明するよりも、一回身体で感じていただく方が早いって事である

とは言え、来ていただけなければ体感しようがないわけで、
来ていただくためには、ブログやホームページでコツコツと説明していかなければならない
文才がない私には気持ちを込めて書くしかないのである

やれやれ

 

って、
全然話が変わってるし^^;

で、片方の足が開くのは「骨盤が原因ではない」とすると
じゃぁどこが原因なの?となる訳ですが
それは「アゴ」です。

「アゴ」は「骨盤でもあり」「太ももでもあり」「すねでもあり」「首でもあり」「腕でもあり」・・・・と、書き出したらキリがないくらい全身に関係があります。
「顎関節症」が、なかなか治らないのは全身が関係しているからです。
これだけ関連してたら、アゴだけを整えても良くなりませんよね

さて、この女性クライアント様の場合、開いている右足と同じ右のアゴが外側へ開いています。
だから、その開いたアゴを少し締めてあげると足も締まって開いていたのが閉じてきます。

アゴを締めると言っても、グイグイ押してはいけません!
指を当てておくくらいで変化しますからね

施術も終盤に差し掛かる頃には左右の足の開き具合が同じようになっていました。
クライアント様に見ていただくと「あ!足が立ってる!」とびっくりされていましたよ(^^)

 

片方の足が開くのは「アゴ」が開いているからです

身体って不思議がいっぱいですね

 

背骨でもない、骨盤でもない、バキボキしない

頭がい骨の整体で身体は変わります!

頭がい骨の整体で健康な体を取りもどしませんか!

やまぞえ整体院 与謝野店(丹後与謝野町)

やまぞえ整体院 京都烏丸三条店(京都市中京区)