やまぞえ整体院代表の山添嘉之です

入れ歯を作る時は、あごを真っ直ぐにしてから

今から3年ほど前にクライアント様から

「今度、部分入れ歯を作るんだけど、あごを整えてから作ったほうが良いですか?」

と、ご相談を受けました

 

そのクライアント様は、

それまでから【あごのゆがみ】【噛み合わせの不具合】で来られていて

当院の整体でそれらが改善していたので

せっかく良くなったのに部分入れ歯を入れたら、

またあごがゆがんでくるのではないかと

心配されたようです。

 

私の答えは

もちろん「イエス」です

歯が無いままにしておくのは、

あごや身体をゆがめる原因になりますから

部分入れ歯は入れたほうが良いです

 

問題は、部分入れ歯を作る時にあります

部分入れ歯を作る前には、はめる部分の型をとります

その時に、土台となるあごがゆがんでいたら、型もゆがんだ型になりますよね

その型を元に作られる入れ歯も、当然ゆがんだものができるので

合わない入れ歯になってしまいます

 

多くの方が「入れ歯が合わない」と言われるのは、もともとゆがんだあごで型をとってるからなんですよね

 

それを避けるためには

あごを真っ直ぐに整えた状態で型をとるのが良いです

また、入れ歯が出来上がって、実際に入れる前にもあごを整えてからの方がスムーズに入ります

だから、歯医者さんで、あごの型をとる前と入れ歯が出来てはめる前に、当院で整体を受けていただく事をお勧めしました

実際にそのように予約を入れていただき、部分入れ歯も問題なく出来て違和感なく使えるとのことでした

 

3年経ってわかった

その後も定期的に整体を受けに来てくれていたのですが

先日来られた時に

「この前、入れ歯が外れて、作り直さないといけないのかなと思ったんですけど、歯医者さんでちょっと調整してもらったら元通り直りました」

「やっぱり、整体で整えたあごで型をとってるからすぐに直ったんでしょうね」

「今まで違和感やあごのトラブルもなく使えてたので忘れていましたが、3年経ってその良さがわかりました!」

と、喜んでいただけました( ̄ー ̄)bグッ!

 

入れ歯が合わないのは、ゆがんだあごで型をとってるからです!

入れ歯を作る時は、あごを真っ直ぐに整えてから作ったほうが長持ちしますよ(^^)

 

 

身体の不調が続いているのに、病院の検査で異常が見当たらない場合は、やまぞえ整体院へお越しください

触れるだけで「あたま」と「あご」を整える!!
やまぞえ整体がお役に立てるかもしれません(^^)

 

「頭蓋骨矯正の匠」山添嘉之東郷絵美が「触れるだけの整体」で根本原因から整えます!dsc06086

みなさんの、痛みをなくして笑顔になっていただく!
それが私の使命です(^^)

与謝野店

 

与謝野店のホームページ

TSUTAYA野田川店敷地内 手作りパン「パパス」隣り

営業日  毎週 金曜日・土曜日・第3日曜日
営業時間 朝9時から夜7時まで

ご予約電話番号 0772-42-4623
ネット予約はこちら

京都烏丸三条店

京都市営地下鉄「烏丸御池駅」5番出口から徒歩2分!
烏丸アネックス507号室

営業日  山添 月曜日 火曜日 水曜日
東郷 土曜日(15時から)日曜日 祝日(木曜日と金曜日)毎月第2水曜日
営業時間 朝10時から夜7時まで

ご予約電話番号 075-708-7498

ネット予約はこちら

9月12日以前のブログに記載の「与謝野店」と「京都烏丸三条店」の営業日と営業時間は2017年9月までのものです。

2017年10月1日以降の営業日と営業時間は9月12日以降のブログに記載の営業日と営業時間になります。